調停離婚費用

調停離婚ではどのような費用がいるのだろうか?

いろいろ苦労して結婚までたどり着いたとしても、平和な日々が永遠に続く事はありません。
けんかなどで終わる場合にはいいでしょうが、理由によっては離婚まで至る事もあります。

 

離婚と言っても双方が合意してすぐに離婚になるケースは少、ないのではないでしょうか?
多くは一方が別れたいと思っても、他方が別れたくないと思っている事も多いのです。

 

一般的には離婚の原因を作った方が離婚する事を考えないでいて、原因を作られた方が別れたいと思っている傾向があると思います。

 

離婚の原因には夫婦により様々なものがあり、また一つだけではなく複合しているものもあるものなのです。

 

離婚の原因

 

アンケートでは離婚の原因に性格の不一致をあげる人が多くいます。
実際に結婚してみてから相手の性格に気づく場合もあるものと思います。
また、結婚する前からおういう性格だと気づいてはいたが許容範囲内だと思い込み結婚後に気づく場合もあるでしょう。

 

性格の不一致という言葉は、大変都合のいい言葉です。
実際には離婚したいと思う原因が他の事でも、性格に不一致にしている人も多いのです。
それは実際の理由を他の人に知られるのがいやだという理由だけで、性格の不一致という言葉を使うのです。

 

例えば、結婚していても他に好きな人が出来た場合で今の結婚生活を捨ててでも相手の人と一緒になりたいと思うようになった場合です。
この場合には、真正面から他に好きな人が出来たからと離婚理由を言える人は少ないのではないでしょうか。

 

次に離婚原因としてあげられるのは、浮気ではないでしょうか。
これは男性に限らず、女性においても浮気するということにより相手から離婚を突きつけられる場合があります。

 

最近では、いわゆるDVも離婚原因の一つになって来ています。
これは男性から女性への暴力が主なものとなっています。
肉体的な暴力行為により女性が傷つき、離婚へとつながっていくのです。

 

またモラルハラスメントなどによる精神的なダメージを与えられる事によることも離婚理由になっています。

 

離婚するという事は、結婚することに比べて大変な労力を使う事になります。
精神的にもかなりきついものがあると思います。
それでも離婚したいという思いが強いのであれば、一大決心をして自分の道を切り開いていかないとなりません。

 

離婚への道

 

まずは離婚したい場合においては、相手にその意思を伝えなければなりません。
そこで相手も離婚について合意してくれれば、その後の事もうまく行くと思います。

 

相手が離婚に難色を示した場合にはどうすればいいか、その場合においてすぐに裁判をしなければならないと思いがちですがその前に離婚のための調停手続きをしなければなりません。

 

この離婚調停がうまくいけば、裁判を起こさなくても離婚する事が可能になってくるのです。

 

離婚調停とはどのようなものなのか?

 

離婚調停は、夫婦間において話し合いによる離婚が困難な場合や話し合いが出来ない場合において調停手続きをする事が出来ます。

 

離婚調停は、法的な離婚原因がなくても申し立てが可能ですし離婚原因を作った側からでも申し立てが可能になっています。

 

法的な原因とは、
不貞行為(浮気)
悪意の遺棄(生活費を渡さない、理由なしに同居の拒否、家出を繰り返す等)
3年以上の生死不明
回復の見込みのない強度の精神病
婚姻を継続しがたい重大な事由(配偶者からの暴力や虐待、セックスレス等)

 

 

申し立ては、家庭裁判所に「夫婦関係調停申立書」を提出することにより行ないます。
「夫婦関係調停申立書」は、家庭裁判所に行けば窓口に置いてあります。

 

家庭裁判所と聞いただけで、なにか恐怖感を持つ人もあるかもしれません。
普段は出入りする事がないだけに、入るだけでも緊張してしまいますよね。

 

家庭裁判所では、裁判や調停以外にも家事相談室というところがあります。
調停する前に不安な事はこちらに相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

調停に関わる実際の費用

 

調停の申し立て費用は、家庭裁判所によって若干違うみたいですが一般的には申立書に貼る印紙代が約1、200円、呼び出し通知の切手代が約800円です。

 

この他には、夫婦の戸籍謄本1通450円、住民票200円くらいだと思います。

 

「夫婦関係調停申立書」にはどのようなことを記載すればいいのでしょうか?

 

申立書には申立人、相手方の住所、本籍地を記載することになります。
用紙の申立ての趣旨の欄には円満調整・夫婦関係解消など調停の目的を記載して、離婚が成立した時の経済的な条件があれば養育費、財産分与、慰謝料などの具体的な希望金額を記載していきます。

 

申立ての実情の欄には、離婚を考えるようになった原因などを記載します。
申立ての動機は(1)性格が合わない (2)異性関係 (3)暴力を振るう (4)酒を飲みすぎるなどからあてはまる番号を○で囲みましょう。

 

この 夫婦関係調停申立書を記載するにあたっては、注意しなければならない点があります。
それは自分で記載した 夫婦関係調停申立書は、相手側にも送付されますので正直にまた自分が秘密にしたいと思っている事は、記載しないようにしましょう。

 

また、夫婦関係調停申立書に自分の希望の条件などを記載する場合においては、低めに設定しないでおく事も大切です。
記載した条件よりもよくなるということはないので、最低限の数字で記載する事はやめておいた方がいいです。

 

記載した事実は証拠としても残りますので、相手側に気を使ってまたは恐怖心から記載をためらってしまわないようにしましょう。

 

 

実際の調停の進み方

 

家庭裁判所において、調停は裁判官1名と2名の家事調停委員の計3人の調停委員により進められます。

 

夫婦双方から調停にいたった事情等を聞いていく事になります。
夫婦同席の場合もありますし、話しづらいなどの事情があれば夫と妻は別々に行なわれる事もあります。

 

調停は双方が合意に至るまでに何回か開かれる事になるのです。
合意に至られば、離婚したい場合には離婚という事になります。
調停を何回か開いても双方または片方が合意しない場合には、調停は不成立となります。

 

離婚したいと思っている場合に調停でも話し合いが合意出来なかった場合には、裁判という事になります。

 

 

この場合は、法的な離婚原因がある場合に家庭裁判所に提訴出来るのです。

 

訴訟は弁護士がいなくても個人で進めていく事は可能です。
しかし、一般的には法律的な専門知識があるわけではないので弁護士を頼んだ方が後々後悔しないですむと思います。

 

弁護士費用について

離婚において弁護士を頼んで裁判を起こす場合には、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?

 

弁護士費用は地域によって若干の違いがあるみたいです。
東京辺りでは着手金と報酬金をあわせて770,000円位ですが、札幌では500,000円程度となっています。

 

弁護士に頼む場合のメリットは書面などの作成を任せられますし、実際の裁判において自ら裁判所に行く必要がないのです。

 

裁判の方の実費は、収入印紙代が13,000円からになっており慰謝料などが1,600,000円以上の場合には比例して増額されていきます。

 

離婚するということは、調停においても相手が同意してくれない場合においてどうしても別れたい場合には裁判に持ち込むしかありません。

 

裁判においても法的な離婚原因がないと離婚する事は認められません。
離婚をしたいという決断した時からの精神的な負担はかなりなものがあると思います。

 

調停では実費負担だけであまりお金がかからなくても、裁判において弁護士を頼むと着手金と報酬金あわせて600,000円前後の費用がかかってしまうのです。
ただでさえ精神的なダメージを受けている状態ですが、経済的な負担でだぶるパンチになってしまいます。

 

自分で裁判費用をまかなえるだけの貯金などがあればいいですが、自分のためだけに使える金額はそんなに余裕がないと思います。

 

そのような場合にはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

弁護士費用は立て替えになっていますので毎月分割支払いも可能なので、法律事務所にも相談してみましょう。

 

また今では金融機関の「カードローン」を利用している人も多いみたいです。

 

「カードローン」とは

 

金融機関が取り扱っているフリーで使えるもののため、目的がクルマや教育などといった限られたもの以外に使えないものと比べていろいろなものに利用出来るので大変便利なのです。

 

離婚するという事は、調停や裁判などの費用とともにいろいろな費用がかかってくるものです。
また、離婚が成立した場合においても引っ越し費用や新たな住居などの費用もかかってくるものなのです。

 

そんな時には「カードローン」は心強い味方になってくれるのです。
申し込み方法は、パソコンやスマートフォンをもっていれば、インターネットを通じてすることが可能になっています。

 

そのため金融機関の店舗まで行かなくてもいいので、ご近所の目も気になりません。
自宅にいながらに「カードローン」の申し込みをする事が出来ます。

 

審査も早い場合においては、申し込んだその日のうちに結果が分かります。
そのため急いでお金が必要な場合には、即日融資も可能になっているのです。

 

離婚したいと思う原因は人それぞれだと思います。
しかし、法的な離婚原因になるものにおいてはなるべく早くに離婚したいと思うことでしょう。

 

裁判ともなれば、相手方との意見の食い違う場面も多くなってくると思います。
その度にかなりのストレスが貯まっていくのではないでしょうか。

 

それでも裁判の結果、離婚が成立して自分の希望する条件で別れる事が出来れば後悔はしないと思います。

 

そのためにも離婚裁判においては、しっかりと弁護士をつけて争っていきたいものだと思います。

 

お金に困った時には金融機関の「カードローン」もありますので、無理しないで検討してみてはいかがでしょうか。

 

32歳 神奈川県 女性

 

結婚した当時からなのか、結婚前の付き合っている期間からなのか今となってはよくわからないのですが、かなり以前から前の夫は浮気をしていたみたいです。

 

なんとなくはおかしいなと思っていたのですが、はっきりとしたことわからないまま時間が過ぎていきました。
子供も手がかからなくって来てから、帰りも遅くなるようになったのです。

 

理由を聞いてもいつもの答えは、残業です。
はっきりと浮気をしていると認識したのは、前夫が風呂に入っている時にスマートフォンの音が鳴って画面に相手の女性からラインが入ってきたのです。

 

「昨日は楽しかった!」という短い分がもろに見えました。
昨日も残業で遅くなってきていたので、すぐに残業が嘘だということがわかりました。

 

今まで積もり積もっていたものが一遍に相手に出てしまいました。
もう我慢出来ました。

 

離婚したいと言ったのですが、相手はただ謝るばかり。
私にはもう戻るという選択はありませんでした。

 

調停をやっても結局は同じ事の繰り返しです。
最終的には、家庭裁判所に離婚のための裁判を起こしました。
もちろん裁判なんていうものは初めてのものでした。

 

弁護士を立てなくても個人だけでも出来るみたいでが、そんな勇気なんてありません。
しかしながら弁護士に依頼するにもお金がかかります。
自分だけの貯金では依頼する事は出来ませんでした。

 

そこで私は「カードローン」からお金を調達することにしたのです。
カードローン」ならば、自由に使える事が出来ますのでいろいろなことに使えます。

 

弁護士費用だけで500,000以上はかかりました。
それ以外にも離婚するにはいろいろ出費が重なります。
それも「カードローン」でまかないました。

 

もちろん離婚後の生活も考えて、計画的にお金を借りる事は重要です。
カードローン」の申し込みもインターネットから簡単に出来ました。

 

離婚にはかなりのエネルギーが必要です。
結婚した時と比べるのならば、精神的な負担は計り知れません。

 

私の場合、相手は別れないということを繰り返すばかりで私の言う事は全く聞いてくれませんでした。
調停や裁判などしたくもないことをしざるおえませんでした。

 

最初のうちは慰謝料なども考えましたが、最終的にはもう早く離婚したかったのです。
弁護士さんがいなかったらこんなに早く離婚出来なかったと思います。

 

離婚に際してもお金に困ったら、「カードローン」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

27歳 東京都 女性

 

いきおいで若い時に結婚してしまったのはいいのですが、よく付き合いがないままに子供が出来たためにそのまま籍を入れてしまいました。

 

しばらくは子育てに追われていて、あまり夫婦間のことを真剣に考える事もありませんでした。

 

相手の男性(元夫)私よりも6つ年上で仕事もきちんとしていましたので、経済的な心配はしていませんでした。
しかし、結婚当初からそうだったのですが仕事が終わってもまっすぐに家に帰る事はなくて、パチンコ店に直行していました。

 

帰る時間はパチンコ店が閉店したあとです。
給料は最初のうちはしっかり入れていてくれたのですが、パチンコの負けがかさむにつれて目減りしていったのです。

 

離婚を考えるようになったのは、必要最低限の生活費さえもパチンコに使うありさまになってきて生活も不安定になって来てしまいました。
何度も話し合おうとしたのですが、離婚について切り出してもまったく受け付けてくれませんでした。

 

また、後半の方では暴力も振るわれて毎日怖い思いをして精神的に追いつめられていったのです。
相手が話し合いに応じてくれない以上は、もう法律的に解決するしかないと思いました。

 

調べてみると、離婚したいと思ってもいきなり裁判をする事は出来なくて家庭裁判所での調停を行なわないとダメという事がわかりました。
調停では双方から話を聞いて、調停委員が夫婦間の調整をしてくれます。

 

調停においては、弁護士を付ける人とつけない人がいるみたいですが私の場合には最初から弁護士にお願いしました。
離婚するにしても、経済的なものも含めて不利にならないように調停を進めてもらいたかったからです。

 

調停で話がまとまらない時は、裁判になるという事ですが私としてはなんとか調停で終わらしたかったのです。
また裁判になってからも同じ弁護士に頼めば心強いという思いもありました。

 

最初のうち、元夫はかなり抵抗していました。
しかし、何回か調停を重ねていくうちに離婚について理解を示してくれて最終的には離婚について合意してくれました。

 

弁護士への負担は自分に取ってはかなり大きく、どうしようかとおもいましたが金融機関の「カードローン」から工面して支払いました。

 

カードローン」は申し込みもインターネットから出来て、審査も早くて実際にお金を借りるには時間はあまりかかりませんでした。
また、目的もいろいろなものに使えるので離婚に関しての
様々なことについても利用することも出来ました。

 

今では離婚出来てほっとしていますよ。

 

 

35歳 新潟県 女性

 

相手のことが受け入れられないと思ってから、7年あまり我慢してきました。
その間は、なんとか変わってくれる事を信じていました。

 

しかし、浮気の病気は深刻なものへとどんどん進んでいってしまいました。
初めのうちは、隠していたのですが離婚前年のときはあからさまに浮気をしていたのです。

 

結婚して妻となり母となっても、女には変わりありません。
このような状態では子供の教育にも良くないと思うようになりました。
初めのうちは、浮気と思って追求しても全くそんな事はしていないというような事を言っていましたが、離婚前年は開き直ったのか外に出る時も女に会いにいくと言って出て行くのです。

 

これを期に離婚を考えるようになりました。
離婚に関しては、経験者である友人の話が大変参考になりました。

 

調停ではあまりお金はかからないが、裁判では弁護士費用がかかることも聞いていましたが私は調停から弁護士さんにお願いしていました。

 

というのも元夫は法律的な事も仕事していましたので、こちらが全く知識がない事に対して不安に思ったのです。

 

調停は、調停委員の方が詳しく話を聞いてくれました。
その時も弁護士さんから、調停前後や最中でもいろいろなフォローをしていただきました。

 

もし調停を一人でやっていれば、もっと長引いてたかもしれません。
精神的にも弁護士さんの後ろ盾があれば心強いのです。

 

弁護士さんを頼むのに際しては、それなりの費用がかかります。
私には貯金などはわずかしかなかったので、金融機関の「カードローン」を利用しました。
お金を金融機関から借りるのは初めての事だったので、不安だったのですが申し込みはインターネットから簡単な入力だけで終わりました。

 

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類も、写メをインターネット経由で送付するだけでした。
家にいながら申し込み出来るために、店舗までいかなくてすむのでご近所さんにバレる心配もありません。

 

利用する時や返済は、近くのコンビニのATMからできますので非常に便利です。

 

調停は意外とすんなりいき、相手の元夫もこちらの条件に同意してくれました。
離婚は、大変精神的に疲労することがよくわかりました。

 

しかし、我慢して結婚生活を続けるよりはよっぽど精神衛生上よかったと思っています。

 

皆さんも、困っているのならばまずは弁護士さんに相談してみてはいかがでしょうか。